wonder world

V6と舞台鑑賞がすきです。

「メタルマクベス DISC3」ライブビューイング

こんにちは

 

昨年の話ですが、「メタルマクベス DISC3」ライブビューイングを観に行きました。

公演を生で観たかったのですが、予定があわず断念してたところ、ライブビューイングの報せがあったので、急いでチケットをとりました。

 

夫人役の長澤まさみさんは、「紫式部ダイアリー」で観て以来、ランダムスター/マクベス浦井役の浦井健治さんは、舞台作品を観るのは初です!

 

「キレイは汚い、ただし俺以外」という台詞とともに、浦井さんが振り返り歌い上げる。この主役の登場シーンのカッコよさ。あまりの衝撃に、主役キター!!という興奮に、思わず歓声をあげそうになりましたよ。

 

普段の浦井さんはホニャホニャしてるじゃないですか。二刀流で敵を倒しながら、メタル音楽に合わせ最初から最後まで枯れない歌声で、狂気弱さ欲望迷いを、激しく優しく歌い上げる。カッコよくないわけがないし、ミュージカル俳優としての力量に圧倒されました。(このあと、ちゃっかりと浦井さんのオフィシャルブック買いました)

 

長澤さんも元々好きな女優でしたが、浦井さんとデュエットしても、劣らない歌声に、華のある立ち姿に、もっとミュージカルで観てみたいなあと感じました。

 

新感線って初めて観たんですよね。ロックだなあ。マクベスってあまり知らないのですが、想像以上にマクベスな話でした。

 

王を殺したことでランダムスター夫妻は、狂気へと堕ちていく。ランダムスターは、自分は殺しが好きなんだ、だから友を王を殺したんだ、と結論をだしましたが、それは違うだろうと。でも、無理やりにでも自分を納得させないと、何のためにここまで手を汚したのか、分からなくて。

 

後戻りできない、堕ちていくのも辛い。シェイクスピアだなあと感じました。ランダムスターは、そもそも人を殺められるようなキャラではない。王を殺めるまでは、敵を殺すという建前があったから、精神も保てた。でも王を暗殺することって、どうやっても肯定できない。だからランダムスターは眠れなくなってしまった。

 

ランダムスターの妻が、弱ってしまったのも、彼女は戦いの場に参加したことないから、殺めることの重さを何ひとつ分かってなかったのかなと。

 

メタル音楽にのせてシャウトされた彼らの魂の叫び。寂しくも愚かで。俳優の演技と演出は、衝撃で。いまだに頭を離れない、そんなロックな舞台でした。